スポンサー

40歳を過ぎるともう「おっさん」
町中を歩いていると若い人に「親父くさそうにみられている」
そんな40代を過ごしたいでしょうか?

40代はまだまだ若い。
40代はイケている?

男性はいつでもイケてる男として見られたいものですよね。

実は化粧品メーカーの「マンダム」がアンケートをとり
イケている40代の男性はどういうものなのかが見えてきました。

40代、まだまだ男盛りです。
若い子にも、同僚にも「イケている」と見られたいものですよね。

「マンダム」のアンケートから見えてきた
イケている40代の男について
そして、どうすればイケている男になれるのかを紹介していきます!

40代イケてる男になるために必要のないもの!

40代の男でイケている。
その前に、見えてきたイケていない男とはいったいどのような男性なのでしょうか?
イケていない40代の男性のイメージがしっかりとすれば
逆のことを行えば良いのではとも思いますよね。

つまり、イケていないと言うことは
イケている40代の男になるために必要のないものを教えてくれると言うこと。

早速、イケていない40代の男をチェックしてみましょう!

イケていない40代のイメージは共通

イケている40代の調査をしたのは3グループ

  • 同じ職場で働く同僚(20〜49歳)
  • 子供のいる主婦(25〜44歳)
  • 学生(高校生〜大学院生)

    この3グループでそれぞれアンケートをまとめたそうです。

    イケていない40代のイメージ
    3ループとも共通だったんです。

    イケていない40代の男の特徴
    清潔感がない
    性格が悪い
    器が小さい
    イケていない40代の男の特徴
    清潔感がない
    性格が悪い
    器が小さい

    この3つ。

    具体的にみると
    清潔感に関するもの
    清潔感のないぼさぼさの頭
    肌がテカっている
    整っていないヒゲ
    体臭に気をつけていない
    ポッコリお腹
    ださいよれよれの服

    性格が悪いや器が小さいに関するもの
    愚痴や文句が多い
    自己中心的
    若者言葉を使ったり大人げない
    若い人を見下していて怒りっぽい
    休日は家でだらだらしている

    なんだか心が痛い!なんて思っていませんか?

    でも、このアンケート結果はよく分かる気がします。
    清潔感がないような人に愚痴を言われたり、怒りっぽくてすぐに若い人を非難する、そして加齢臭がする・・・、一気に気が滅入ります。
    第一そんな人と一緒に痛くはありません。

    イケていない40代の男性は反面教師
    絶対見習ってはいけません
    では、イケている40代の男性はどのような人なのでしょうか?

    イケている40代の男のイメージはグループによって違ってくる!?


    イケている40代の男性のイメージは実はグループによって違ってきます。
    それぞれ、イケている男というのがあるのです。

  • 同僚からみるイケてる40代の男性
  • 頼りになる
    清潔感がある
    仕事が出来る

    清潔感が漂い、周囲に気を配る穏やかな性格。
    おしゃれなスーツを着こなしていて、スマートに部下をフォロー。
    的確な指導が出来、行動力もありレディーファーストや言葉使いがさりげない。
    常に落ち着いているそして若々しい綺麗な肌をしている。

    やはり仕事が出来てスマート。
    清潔感があり他人を思いやることの出来る穏やかな性格。

    これ、上司や同僚なら本当に頼りたくなってしまいます。
    清潔感があり性格が良ければ女性受けも良いですよね。

  • 主婦からみるイケてる40代の男性
  • 清潔感がある
    頼りになる
    性格が良い
    仕事が出来る

    穏やかで誠実な性格
    言葉使いが丁寧で年相応のファッションで私服がおしゃれ
    家族思いで子供と遊ぶのが上手
    スッキリナチュラルなヘアスタイルで体型も引き締まっている。
    清潔感のある肌で体臭がしない。
    広い心で包容力があり人の話を聞く

    主婦からはしっかりと仕事をしつつも家族を大切にする男性
    そして、人の話を聞いてくれ、包容力のある人。
    清潔感があり身体が引き締まっている。
    体臭がないというのも人のことを考えてと言うことなのでしょう。

  • 学生からみるイケている40代の男性
  • 頼りになる
    清潔感がある
    性格が良い

    びしっとセットされた髪、きちんと整えられたヒゲ
    しっかりと管理された清潔感。
    紳士的でスマートな立ち振る舞い、スーツが決まっている。
    人には優しくアドバイスをしてくれ時にはしっかりと叱ってくれる。
    若者にはない上品さ、ダンディーだけど遊び心もある

    学生の持つイケてる40代の男性は本当にかっこよくて頼れる人。
    相談に乗ったら聞いてくれる。
    良い答えが返ってくる。
    そして姿がダンディー。
    つまり、品が良いかっこよさを持っていると言うところ。

    このようにみてくるとそれぞれのグループが持っている
    イケている40代の男性のイメージは違うように感じます
    でも実は2つに注目すればイケている40代になれるのです。

    イケている40代の共通イメージは2つ【これを手に入れればイケてる男に!】

    3つのグループから見えてきたイケている40代の男性のイメージ
    共通点は2つあります。
    それは

    • 清潔であること
    • 頼れる男であること

清潔感というのは雰囲気を醸し出す非常に大切なもの。
汚らしい格好をしていると一気に「おやじ」感が出てしまいます。
しかし、清潔だと「イケている」とみられることが多い。

スポンサー

頼れる男はやはり人は頼れる人を尊敬します。
頼れない、愚痴ばかり言っている人は本当に一緒にいたくないものです。
相談したらしっかりとした答えが返ってくる
いつも落ち着いている。
そういう人は「イケて」いますよね。

この清潔感と頼りになるを自分のものにすれば
あなたもイケている40代の男性になることが出来るのではないでしょうか?

次は清潔感を出す方法
頼りになる男になる方法をご紹介したいと思います。

清潔感をだす方法

イケている40代の男性になる方法として
清潔感を出す
これはもう必須事項ですね。

ではどのように清潔感を出していけば良いのでしょうか?
清潔感をだす基本は「洗浄」にあります。
汚れを落とす、匂いを落とす

そして「整える」これも重要ですね。
では早速紹介していきましょう。

スキンケア

清潔感の基本はスキンケアにあります。
特に顔。
シミやシワが多い顔、乾燥して粉を吹いている顔
くすんでいる顔が清潔感のあるように見えるでしょうか?

スキンケアは全ての基本。
しっかりと行っていきたいものです。

しかし、多くの男性が
「スキンケア?そんなの顔をしっかりと洗えば良いんだろ!」
なんて思っている。

水で洗う
指でごしごし洗う
石鹸を泡立てずに洗う

これ、全てNG。
肌を綺麗にするどころか「肌を傷めて」しまいます。
傷んだ肌は乾燥肌の原因になったりくすませたり
シワを作りやすくしたりします。

そして、ただ洗うだけではスキンケアは完結しません。
スキンケアは
洗顔⇒保水⇒保湿
の3段階。

顔を洗い、洗った後は水分を肌へ与え、そして、肌から水分を逃がさないように保湿をする。

正しいスキンケアの仕方で清潔感のある顔を手に入れてください。

正しいスキンケア

洗顔
ぬるま湯を使う
石鹸はよく泡立てる
泡で包み込むように洗う

ぬるま湯を使う
洗顔に使うのは水ではなく「ぬるま湯」
肌にたまった汚れや余分な皮脂はある程度熱を与えないと溶け出しません。そのため、水ではなかなか落ちないのです。体温に近い温度のぬるま湯で汚れや皮脂を溶かしだし、洗い流せるようにしましょう。

石鹸はよく泡立てる
石鹸をそのままで使うのは手のひらや指先で肌を刺激してしまうのでNG。石鹸をしっかりと泡立てて使うようにしましょう。泡立てると石鹸が肌にあたる面積も増えます。そのためしっかりと洗うことが出来るのです。泡立てるのが苦手な場合は洗顔用の泡立てネットを使うのが便利です。泡立てネットは100均でも売っています。

泡で包み込むように洗う
泡で顔を包み込むと指先などで肌を刺激しないで済みます。
また、泡が汚れをしっかりと吸着してくれるのです。
泡で洗顔すると肌のキメがだいぶ違ってきますよ。

保水
洗顔をした肌は実は乾いています。
お湯などを使っているから潤っているのでは?と思われるかも知れませんが、肌の表面は塗れていても肌の内側の水分が少なくなっているのです。これは、洗顔料の影響で仕方がないものなのです。
洗った後はしっかりと肌へ水分を補ってください。

肌へ水分を補うときに使うのが「化粧水」です。
手に平に500円玉くらい取り出します。
肌へ浸透しやすくするため、手のひらで化粧水を少し温めます。
後は肌へ染みこむようにつけていってください。
まずは乾燥しやすいところ両ほほや鼻下口周りにつけていきます。
そして、Tゾーンおでこや鼻筋につけていくようにしてください。

保湿
肌へ水分を補ったら肌から水分が蒸発して逃げ出さないようにお肌にフタをします。
そのときに使うのが「乳液」です。
乳液の働きは肌へ適度な油分を与えることにより水分の蒸発を防いでくれるのです。
乳液は10円玉位を手のひらに取り、乾燥しやすいところにまずはつけていきます。頬や口周り等ですね。その後おでこなどにつけていくようにしてください。特に気になる部分は重ね塗りをするようにしてみると良いでしょう。

基本のスキンケアで清潔感のある肌を手にして「イケてる40代の男性」を目指しましょう!

ニオイケア

ニオイケアは特に清潔感と関わりがあります。
どんなに見栄えが良くても「くさい」と一気に女性からの評価は下がってしまうもの。
20代・30代・40代と年齢を重ねていくごとに
ニオイの原因も違ってきます。
20代は汗のにおいなどが中心ですが
30代になってくると「おやじ臭」がしてきます。
枕をかぐとニオイがキツい。
そうなるともう「おやじ臭」を気をつけないとイケません。
おやじ臭の元はペラルゴン酸という成分。これが酸化してニオイを発しています。ペラルゴン酸は耳の裏や首筋などから多く分泌されます。

40代になると「加齢臭」が問題になってきます。
ノネナールという成分の分泌が多くなり始めるのが40代から。
ノネナールは胸やワキなどからも分泌されますが
一番分泌されやすいのが頭皮。
頭からにおってしまうのです。

ではこのニオイ、どのようにしていけば良いのでしょうか?
やはり基本は「洗うこと」
しっかりとお風呂で身体を洗う必要があります。
耳の裏や首筋、ワキや胸、頭皮などニオイを分泌しやすい部分をしっかりと洗います。
出かける前などに洗うと良いのではないでしょうか?
朝にシャワーで洗う。
夜はお風呂でと身体を洗ってニオイ対策をして行きましょう。

出先ではどうすれば?
仕事で外へ出ているとき、ふと自分のニオイが気になった。
そういうときはボディーシートで身体を拭きましょう。
ワキや胸元耳の裏、ニオイが出やすいところをボディーシートでケアしてあげます。もちろん、トイレなどで身体を拭くなどした方がスマートですよね。

ニオイは本当に清潔感を出すためには気にしなければいけないところ。
もちろん、たばこのニオイ、口臭なども意識するべきですよね。

最近流行の電子たばこはたばこの成分を霧状にして吸うもの。そのため、普通のたばこより霧状にしているので粒子が細かく口の中へ染みこみやすくニオイがキツくなると言われています。気をつけてくださいね。

髭のケア

髪のケアをする。髪もぼさぼさよりも整っていた方が良いもの。
ぼさぼさ頭、髪の毛がぎちぎちでいたんでいる。
スキンケアやニオイのケアをしていても、整っていない髪だとなんだか汚らしく見えてしまいます。

整髪料をつけて髪を整える、散髪へいく、シャンプーやトリートメントをする。
見た目はちょっと手を加えればすぐに変われるところです。

・・毛のケア
・・ボディスタイルのケア
・・雰囲気のケア

・頼れる男になるには?

・まとめ

スポンサー